入れ歯の治療の流れと材料や方法による違い

入れ歯治療の流れ

型をとります ⇒ かみ合せの位置を決めます ⇒

⇒ ⇒ かみ合せのチェックをします

技工所で入れ歯を制作します ⇒ 装着して調整します  

入れ歯に使用する素材

金属床イメージ 金属床
入れ歯の床にコバルトクロムやチタンなどを使用。精度が高く、厚みも薄く作ることができます。
プラスチック床イメージ プラスチック床
健康保険が利用できます。強度を保つため、厚く作る必要があります。変形しやすく、 割れてしまうこともあります。

材料や方法による3つの違い

つめものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1:違和感

小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

金属床なら薄くて丈夫

違いその2:安定性

つめものは、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。

プラスチックの磨耗

違いその3:温かさ・冷たさを感じる

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

金属床なら食事もおいしい